ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いい音楽

いい音楽って何なのかなあってたまに考える。

十人に聞いたら十通りの答えが返ってくるようなたぐいの疑問だってことは百も承知なんだけど、やっぱ考える。

唯一無二ならいい音楽?
誰も聴いたことない、新しい音楽ならいい音楽?
一番古い、ルーツならいい音楽?
自分がいいと思えばいい音楽?
みんながいいと思えばいい音楽?
感動すればいい音楽?
一生懸命作ってればいい音楽?
音楽雑誌がいいって言ってればいい音楽?
好きなミュージシャンがいいって言ってたらいい音楽?


どれも本当な部分もある気がするし、どれも違うような気もする。

でも十人十色で本当にいいかと言えばそうじゃないと思うんだよね。
いい音楽、聴かれるべき音楽ってのは確かにあるって、やっぱそう思うんだよね。

好きな音楽は十人十色でも、いいものはいいってみんなが認めざるをえないような音楽が、あるんじゃないのかなあ。



と、なんでこんなこと考えたかと言えばこの本を読んだせいかもしれません。
いや、本の内容とはあんまり関係ないんだけどさ。


音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか (P‐Vine Books)音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか (P‐Vine Books)
(2009/03/20)
青木 優小野田 雄

商品詳細を見る



あたしはフジファブリックの志村さんの書く詞って言うのがすごく好きなんだけども。
詞だけで言えばサカナの一郎さんの詞よりも好きだと思うのね。
難しい言葉を使ってるわけじゃないのに、文学的センスをすごく感じるし、突拍子もない言葉が出てきたりするんだけど、バカっぽくない。バカっぽくないけどユーモアがあるし、何も考えてなさそうなのにすごく良く考えられている。

「桜並木、二つの傘」ってインディー盤一枚目「アラカルト」に収録されてる曲があるんだけど、歌詞はそのままのせたら怒られそうなんで書きませんが、リンク貼っときますね。

この曲、見たらわかると思いますが、
Aメロ、Bメロ、Aメロ2、Bメロ2、サビ、Bメロ3、サビ、サビという構成なんですね。
で、注目してほしいのはBメロ1とBメロ3ですよ。
まったく同じ歌詞じゃないですか。でも、状況は真逆なんですよね。
Bメロ1が恋の始まりなのに対し、Bメロ3は恋の終わりなんですよね。

これに気づいた時、すげえ~~~!!って思ったんですよ。
この人、すごい。すごい考えて歌詞書いてる!!って。

とくに「銀河」とかしか知らない時期だったもんで、この人きっと才能で音楽やってるんだろうな~とか誤解してたんですよ。
呼吸するみたいに音楽やれちゃう人なんだろうなって勝手に思ってたんですよ。
そしたらその後志村さんがものすごいグッチャグチャに悩みながら音楽やってるって知って反省するんだけどね。
そんな風に思ってたとこにこの技ありな歌詞を見せつけられて、しかもその曲がすごい昔の歌で、ホントすごい!!ってハマるきっかけになったりしたんですけどね。

で、そんな志村さんはどうやって歌詞を書くのかってのがすごい気になってたわけですよ。
一郎さんはけっこうあちこちで文学的ルーツを語ってるけど、志村さんはもうそんなこと語りつくしたのかあんまりそういうこと雑誌で語ってたりとかって見たことなくてね。
そんなときにこの本の存在を知ったらもう買うしかないじゃないですか。

で、この本には志村さんの他にもZAZEN BOYSの向井さんやら元スーパーカーのいしわたり淳冶さんやら13人のアーティストが作詞について語ってるんですね。
あたし的にはいしわたりさんの話がなんか勉強になったというか、納得できたというか、そんな感じでした。
志村さんの話はそんなに共感はできなかったんだけど(笑)おもしろかったです。

ていうか、あたし、志村さんのことは好きだし志村さんの創る音楽も詞もものすごい好きなんだけど、志村さんとは友達になれない気がするんだよね。
いや、ほんとに志村さん大好きなのよ。
でもね、インタビュー読む限りではこんなめんどくさい男はイヤだよ(^_^;)と思っちゃいます。
だってさ、ほんとにめんどくさそうな人なんだよ!!あたしにはありえないようなことにこだわるって言うかさ。
いや、でもアーティストはそれくらいじゃなきゃダメなんだろうなあとも思うのよ。
やっぱ、いい意味でも悪い意味でも凡人とは違うんだよなあと思うのよ。


あ、そういえばサカナクションが埼玉の大学の学祭に出るらしいですね!!
この学祭の過去の出演アーティスト見たら、すごい有名どころなんですよ。
去年がSEAMOでおととしがFUNKY MONKY BABYS、過去にはケツメイシやTHE BOOMも出てたみたい。
サカナすごいな~ほんと出世魚だ~と思いました。
ていうか、あたし、サカナ見たいよ~~~!!!
ナノムゲンからこっち、サカナを見る予定が全然立っておりません。
そろそろサカナ不足だ。。。





スポンサーサイト
  1. 2009/08/26(水) 02:22:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)
中国語 (1)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。