ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「痛い」って、いけないこと?

よくネットの掲示板とかで誰かと誰かがののしり合っているときに、相手のことを「痛い」と言ってバカにしている人を見ます。

でも、そういうのを見ると、いつも思うんです。
痛いって、いけないんだろうか??

痛いって、なんなのかなって思うんだけど。
要するに、空気読めてないってことなんじゃないのかな、と。
他の人から見てどう思うか、を読めてなくてはたから見て独りよがりだったり、滑稽だったりことじゃないかと思うんだけど。

私はそういう、ある種の痛さがない人を好きになりにくいです。
たぶん、私が「痛い」人間だからなんだと思うんだけど。

志村さんも、そういう人たち(誰かを「痛い」とバカにする人たち)から見れば痛さ満載の人なんでしょう。
なんたってストーカーだし。

一郎さんも、そういう人たちから見ればビッグマウスだし、「痛い」と言われるんだろう。

小出君も、気持ち悪さ満載の甘酸っぱい詩や、アイドル大好きとか、ツッコミどころ満載だし。


でも、そういう、痛さこそが愛おしいんであって。
それがない、空気読めすぎのカッコいい人なんて、すごいけど、ものすごいけど、私は友達にはなれない。

痛くてナンボ、弱くてナンボって思う。



でも、最近思うのは、一郎さんに関して言えば前はビッグマウスだったけど、今は現実が伴ってきちゃってる。

だって、リキッドルームでいつかこの4バンド(シュリスペイロフ、sleepy.ab、monobright、サカナクション)で武道館やろうって言ってて、でもあの頃のお客さん、あれから二年もたたずに実現するなんて誰も信じてなかったと思うよ。
それもサカナだけで。

最近の一郎さんは痛くない。
むしろメチャクチャカッコいい。
これは、私的にはまずい。

で、一郎さんがフジが表紙のジャパンでサカナに毒が足りないって言ってたんだけど。
私に言わせると「痛さ」が足りない。
カッコよすぎて、リスペクトだけど愛情をそそぎにくい。

もっと弱くていい、かっこ悪くていい。
昔みたいに、青春鬱屈テクノバンドでいい。

そう思うのは、山口一郎を素直に信じていない、私の「痛さ」なんだろうか。


ちなみに、私にとって痛さのない、とにかくカッコイイ人というのは奥田民生氏であったり、YO-KING氏であったりします。

倉持さんを痛さのない人、というのは賛否両論あるかもしれないけれど、でも彼はとにかくカッコイイ。

そんな彼らは素直に受け入れられるのに、一郎さんはダメだなんて、なんでだろう。
同い年だからかなー。



あーなんか、今回の文章、もしかしたらうまく言いたいことが伝わらなくて、不快に思った方いたら、すみません。
でも、誤解しないでほしいのは、私は彼らを大好きなんだってことなんです。
弱さも含めて。大好きだ~。





スポンサーサイト
  1. 2010/06/19(土) 01:16:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんだか | ホーム | 夜明けのBEAT>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/150-4a0a7be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)
中国語 (1)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。