ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SAKANAQUARIUM 21.1(B) at日本武道館 20101008 

あの~、超今さらなんですが、こんな記事を発見したので一応のせます。
DVDも発売された今、需要ないのはわかっております。てか私、ほんっと忘れてたや…あはは。






サカナクションの武道館レポ、というかいつもと同じで無駄にダラダラ長い上に、勘違い・思いこみ盛りだくさんの感想文です。
DVDと見比べちゃったりするときちんと記憶してないのがバレバレで恥ずかしいから直そうかと思ったけど、たくさんありすぎてめんどくさいのでそのまま載せちゃいます(←一番やばいのが21.1があったことをわかってないことだったり。ほんと腐った耳ですみません)

そんなんでも読んでみたいと思われる方は読んでやってください♪




とうとうやってきましたサカナクション日本武道館公演。
私が初めてこの武道館公演のことを知ったのはツイッター上でした。

その時の感想は、前にも書きましたが正直「早い!」でした。
kikUUikiでそこまで行くのは欲張りすぎなんじゃないの?
次のアルバム出して、全国ゼップツアーsoldoutして、それで追加で武道館ってのが順当なんじゃないの??って。
アルクアラウンドが売れて、でもkikUUikiは期待したほど順位が伸びなくて、奇をてらったじゃないけど、レコード会社の人とかが売れてるうちにって欲を出したんじゃないのって。
それに乗せられたじゃないけど、期待にこたえたくなっちゃったんじゃないの、山口一郎!!って。

でもその後SMAPへの曲提供とか知って、まさかそんなどメジャーと!!と予想の斜め上からきた驚きに私、一郎さんのこと見くびりすぎなんじゃないかって、反省したりして。
さらに武道館がこんな早くソールドアウトするとも思ってなくて。
てかソールドアウトするのか疑ってたくらいで。
私、ほんとわかってないなって、また反省して。

そんなこんなで迎えた武道館なわけですよ。


武道館に着いたのは13時半過ぎくらいだったかなあ。
一郎さんも武道館に来るの初めてって言ってたけど私も初めて。
田安門(だったっけ?)をくぐるともう物販の最後尾がそこにあったので、並ぶ。
隣になった1人参戦の女の子Mちゃんと仲良くなって話しながらだったので、物販並ぶのも全然苦じゃなくて楽しかったです。

14時半から物販販売が始まって、40分くらいで買えたのかな?
今回は草刈姉さん&岡崎さんプロデュースのTシャツとペンとサカナカン(あけぼののサケ水煮缶と見た目がめっちゃ似てる缶詰中身は秘密)とアスファルト色のタオルを買いました。

それから金沢でお会いした方に出会ったり、ツイッターでいつもやり取りしている方に出会ったり、武道館の写真を撮ったり。。。

そうそう、武道館に金木犀があったので、匂いをかぎに行きました。
武道館の「赤黄色の金木犀」だー、なんて言って。
私、初めて金木犀のにおいをかいだんだけど、ほ、芳香剤の香りがする…と、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。
なんかもっと、甘くて切ない香りを想像していました…

あ、そうそうツアーグッズのサカナカン、Mちゃんが開けてて、中身が手ぬぐいだってのはわかってたんですが開けるのもったいないしほっといてたら上側のプルトップじゃなくて底がパカって外れるようになって簡単に元に戻せるってことを知ったのであけてみたんですね。
そしたら私の手ぬぐいには「当たり!」と書いてあって、5人全員の名前が書いてありました。
ふだん私こういうの当たらないのにな~期待してなかったのが良かったんだろうか。
ってか一郎さん、字がきれいですよね。
私、とっても字が汚いので字がきれいな人は無条件で尊敬してしまいます。

そんな中、4時半くらいに暇だねえ~みたいにMちゃんともう一人合流したツイッターの方とダラダラしゃべってたら見なれないサカナTシャツを着た男の人を発見するんですね。
なんかあのTシャツ見たことないね、もしかして自分で作ったんじゃない?とかって言う話になって「話しかけましょう!!」って一番かよわそうなMちゃんが意外と積極的に言うもんで、普段の私なら絶対に話しかけられないのに、
4人くらいで盛り上がってるその男の人に「そのTシャツいつのですか~」って話しかけるわけです。

そうしたら4人全員いい方ばかりで丁寧にTシャツのことも教えてくれて(今年のサマソニで買ったとのことでした~。ただの私の情報不足)輪の中にも入れてくれたので、開演まではその方たちとずーっとしゃべってました。
なんかサカナファンはフレンドリーな方がすごく多い気がします。

というわけで私は6時45分くらいに自分の座席に1人で向かいました。
開演の7時まで15分ばかり。
席は2階南西ブロックV列です。
その席は、本当に後ろも後ろで私より後ろの人は立ち見含めても4列くらいしかいない、ステージは見えるもののステージ後方に見えるスクリーンのど真ん中に天井からぶら下がってるスピーカーが被ってるためにスクリーンがよく見えない、というちょっと微妙な席でした。
しかも狭いし傾斜が急だし椅子の背もたれが小さいのでジャンプするとめっちゃくちゃ怖い!!
でもそれはみんな一緒ですもんね。わがままは言っちゃいけません。
行けるだけで良しとしなくては。

…でもCD先行でこれは無いよなー、とやっぱりちょっと文句が言いたい。。。

ステージは幕がかかったりしていなくて、全部見える状態でした。
ドラムセットが一段高いところに組まれていて、ステージの中心を中心とした円が灰色と白で交互に縞になっておりました。
場内はなんだかカントリー調(?)のSEがかかってて、それと一緒にいつもの水槽の音みたいなゴボゴボという音も鳴っています。
スクリーンにも水の中みたいな、空気の泡みたいなものが映ったり、SAKANAQUARIUM21.1(B)の文字が映ったりしています。

私のいる南西からはよく見える東側にあるデジタル時計が6:58となったぐらいにカントリー調の曲は消え、かわりに「キン」というような金属音のような何とも言えない音が一定の間隔で鳴り始めます。ゴボゴボはそのままです。
7:02くらいから開演に当たっての注意事項のアナウンスが流れます。
そしてそれが終わって…7:06くらいに客電が落ちます。

でもまだ誰も出てきません。
不思議に思っているとスクリーンのゴボゴボが激しくなってきて、やがて水を抜けます。そして夜空。月と星が映ります。そこに煙のような雲が現れ、雷がなり、雨が降り始めます。
そして雨がまた海へと落ちて、そして波紋が広がります。
その波紋はどこかで見た形~そう、ステージの灰色と白の円は波紋なのです!!
波紋がやがて実際のステージの映像へと変わり、そこに流れる「アメ」の声。

AME(B)です!!!

この前のもカッコ良かったけれど、やっぱりこの始まりが好きでたまらない私はものすごい嬉しかったです!!

メンバーが登場し、AME(B)の演奏が始まり…あのためてためていつもなら飛び跳ねる場所があるじゃないですか。(説明できない…CDで言うと1:09あたりです)
そこで当然のように跳んで着地の時にちょっとよろけて前のめりになっちゃって下見ちゃったんですね。
そしたらもう跳べなくなってしまってですねえ。
もう足はつけたまま踵だけ上げることにしました。でもAME(B)、本当に嬉しかった!!

次はやっぱりライトダンスで「でも明日が見えなくて」でものすごい一体感で。
でもですね、なんかおかしいな~とは思ってたんですよね。
まずですね、音響が良くないのかわからないんですが、私がいたところからはボーカルの音がすごくこもって聞こえるんですね。

で、セントレイ→アドベンチャーと来るんですが、やっぱり音はこもってる気がするし、あと一郎さんが何回か歌詞を間違えるんですね。
で、なんか変だぞ、みたいな空気になってきて(←私的になのでみんなが、というわけではないです)。

あとこの辺、私のいたあたり、もんのすごく暑かったです!!
汗がダッラダラ出てきてました。

次のkleeもkikUUikiツアーで聴いたときの方が良かった気がしました。

ここでMC。何言ってたかな。
歌詞間違えたことは言ってたな。

そしてフクロウ。
これがね、良かったですよ。
ボーカルもこもってなかった。
これで持ち直した!!って思いました。
全体的にファーストの曲がすごく良く映えてた気がします。

次が涙ディライトで、フクロウ~涙ディライトのつなぎはそんなにそんなにだった気がしたんですが(涙ディライト自体は良かった)、涙ディライト~次のアンダーのつなぎは本当に良かった!!
曲のつなぎがいいと前の曲も良かったって気持ちになるし次の曲への期待感も増すし、最高だなあって思います。

そして私、アンダーが大好きなんですね。kikUUikiではアンダーとシーラカンスと僕がほんっとうに好きなんですが、やっぱりこの武道館でもやってくれて「一郎さんわかってる!!」って思いました(←何様なんだ)。

アンダーの美しい世界に酔いしれて、アンダー~シーラカンスと僕のつなぎも素晴らしくて。
シーラカンスと僕も本当に本当に良くて。
で、ですよ。
シーラカンスのアウトロがすっごいよくて、次どうつながって行くんだ~~~~からのマレーシア32ですよ!!!

マレーシアだ~~~と意外な選曲にすごいアガって楽しくて。

マレーシアは私が初めて行ったサカナライブの2008年のノーザンエッジの時にもやってて、その時一郎さんは取材で使った本物の新巻鮭を両手で持って登場して(軍手はしてた)嬉しそうにステージを動き回ってて。

ノーザンエッジの時のMCで言ってたんです。
「この4バンド(その時のノーザンエッジに出てたsleepy.ab、monobright、シュリスペイロフ)で武道館やりましょう」って。
その時客席はみんな笑ってて(もちろん嫌な笑いとかではなくて。でも一郎さんの野望を微笑ましく見てる、みたいな)、まさかそれから二年もしないうちに単独で武道館をソールドアウトしてしまうなんて。
一郎さん、すごいなって。
ほんとすごいな、って考えたら序盤の緊張してた一郎さんもなんだか愛しくなってきてしまって。

私、普段は一郎さんが愛すべきキャラなのは知ってるけど、やっぱ同い年でこんなすごいなんて、自分ってホント駄目だなって落ち込む部分とかもあったりして、素直に一郎さんをかわいいと思えない(笑)こともあるんだけど、このときばかりはなんか、素直に愛せた気がしました。


マレーシア32~Paradice of Sunnyのつなぎも良かったですよ、本当に。
Paradice~は金沢で見た時よりずっと良かったです。
広い会場の方が映えるのかなって思いました。
映像や照明とかも相まって、本当に素晴らしかった。
ツアーで使ってたカオスパッドは使ってたんですかねえ?
私からはよく見えなかったです。

そしてここでMCかな?
何言ってたかなあ。ほぼ覚えてなかったりします。
「誰も聴いたことない曲やります」
って言って次の曲をはじめたことは覚えてる。
まさか新曲が聴けるなんて思ってなかったのでびっくりしました。

まだ名前もないその曲はサビのところが
「つらいつらい」「ふわりふわり」などと言っているように聞こえました。
あと「死ぬ」という単語が出てきたように感じたんだけど、私の聴き間違いかな。
なんていうか、すごくサカナクションらしい曲で、新曲というよりは、前からあるサカナクションの曲を聴いているような感覚になりました。
それなのに今まで知っているどの曲とも違う。
不思議な感覚。

そしてネイティブダンサー。
ライブでのネイティブダンサーは本当に楽しいです。

インナーワールドも楽しすぎて、あのブレイクするところ、また忘れてずっこけてしまいました。
いつもわかってるはずなのに楽しくなると忘れちゃうんですよね。

そしてサンプル!!
でもあのためてためて爆発するところ(秒数で言えば1:39くらい笑)でジャンプできないのは本当に残念!
一応ちょっとジャンプしましたがやっぱり怖くて自重。

次の三日月サンセットは良かったなあ。
私、三日月サンセットはライブよりCDのあのシンプルな感じの方が好きなんだけど、今回は良かった。
あ、でも一郎さん歌詞忘れてたけどね(笑)
でも今回はららら~で誤魔化すだけの余裕があった。

そしてアルクアラウンド。
この曲はなんか、最初はそんなに好きじゃなかったけれど、こうやって武道館で聴くと本当にこれがサカナクションの代表の曲なんだなって思えて。
みんなが好きな曲なんだな、これで心がひとつになってるなって思えて、良かった。ほんと良かった。
こわいの忘れて飛んじゃったよ。

そしてそしてアイデンティティ。
なんかもうこの曲はお祭りって感じで、もう盛り上がるしかない!!ってんでほんと跳びまくりました!!
楽しかったなあ。

そしてまたMCかな?どうだったっけ?
忘れてしまったけれど、照明が暗くなって。

ルームランプみたいなのがぽつんと一郎さんのいる場所に灯っていて。
始まった曲がenough。

私、enoughが本当に聴きたくて聴きたくてたまらなくて。
シンシロツアーの時の、本当に神がかってる感じがしたあのenoughを。
でも、聴きたくてたまらないけれど聴けないだろうな、とも思っていて。
だから本当に嬉しかった。
嬉しかったけど、あのときのenoughではなかったな。当然だけど。
でもそれはそれでよかった。
一郎さんの声も本当に良く出てたと思う。

そしてこれで本編が終了。

アンコール一曲目はGO TO THE FUTURE。
「もう二度とやらないと言った曲をやります」って言ってやってました。
本当にね、素晴らしかった。
これが武道館でのベストアクト。
これが見たかった。こういうのが見れるなら、またサカナのライブに行こうって思える。
毎回じゃなくてもいいから。一年に一回くらいでいいから、こんな瞬間を目撃したい。わがままかな。

そしてMCがあって。
メンバー紹介してたのここだったっけ?
ほんと、もうしわけないくらいMCを覚えていないのです。
きいてないわけじゃないんだけど、他のことでいっぱいになっちゃって思い出せない~

そして白波トップウォーター。
草刈り姉さんがPC起動させて始まるんだけど、なぜかテストの音が鳴っちゃったので仕切り直しをして始まりました。
でもほんと良かったな。
今まで聴いた白波で一番良かった気がする。
上から見下ろしてるから聴きやすいのかなあ。
一郎さん、また歌詞間違えてたけどね(笑)

そして5人がはけていくんだけど、まだ客電はつかない。
二回やる気なんだ~そうだよな、あの曲もあの曲もやってないもんな。
どっちが来るんだろうな。って思っていたら。

アンコール二曲目で始まったのは目が明く藍色でした。

そんな気はしてたんだ。
ナイトフィッシングイズグッドに頼り続けるのはやめるんじゃないのかなって。
ああ、でも寂しいな。寂しいな。

そう思いながら目が明く藍色を聴いていました。


そして最後5人が去って。
スクリーンにエンドロールが流れて。
ホーリーダンスのインストバージョン(姉さんとエジー作)が流れる中一郎さんがいつも言ってるチームサカナクションのメンバーの名前がすべて映し出されて。
最後にMany thanks for audience(多分間違ってると思う)って映って、そこからサカナの5人がアリーナ席にいる映像が映って(でも私はスクリーンの真ん中は見れないので5人の姿は見えてない)、そこからリアルタイムのお客さんでいっぱいのアリーナ席が映って。

最後まで心憎い演出で、チームサカナクションのみなさんに楽しませていただきました。

良かったのが、エンドロールの間中、お客さんが手拍子をし続けていたこと。
すごくいいファンだなあ、サカナクション、愛されてるなあって思いました。


というわけで内容ない割にやたら長い文章をここまで読んでくださった方、ありがとうございました!!

100点満点とはいかない武道館だったけど、でもそれが逆に良かったんじゃないかなって思う。
志村さんみたいに夢がかなって真っ白になっちゃったら大変だし(笑)


セットリスト(ナタリーより転載していた個人ブログさんとこからさらに転載)

01. Ame(B)
02. ライトダンス
03. セントレイ
04. アドベンチャー
05. Klee
06. フクロウ
07. 涙ディライト
08. アンダー
09. シーラカンスと僕
10. マレーシア32 ~ 21.1~Paradise of Sunny
11. 新曲
12. ネイティブダンサー
13. インナーワールド
14. サンプル
15. 三日月サンセット
16. アルクアラウンド
17. アイデンティティ
18. enough

en01. GO TO THE FUTURE
en02. 白波トップウォーター
en03. 目が明く藍色(W)
(エンドロール:ホーリーダンス Instrumental Remix)













スポンサーサイト
  1. 2011/03/07(月) 14:09:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<心配、ありがとうございました!! | ホーム | 嬉しいこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/193-957292db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)
中国語 (1)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。