ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕の宗教へおいでよ

※紛らわしいタイトルですが、この記事は決して何らかの宗教への勧誘ではありません。
※宗教と政治と民族の話はとてもデリケートなのですが、今回は何も知らないくせに何も知らないなりに思ったままを書かせていただきました。不快に思う方、たくさんいらっしゃると思います。ごめんなさい。


タイトルは筋少の「僕の宗教へようこそ」という曲からです。
ロッキンにてこの曲で「宗教!宗教!」と合いの手を入れて喜んでいた私です。が。

えー、私自身は全くの無神論者でどんな宗教も信じていません(とは言っても両親とも家は仏教系でお墓参りも行きますし初詣でも行きますが)。
うーんと、本当の本当に絶対に信じていないかと聞かれると、なにか科学では証明しきれない現象は存在するかもしれない、とは思っていますが、それを神と呼ぶのは人間の勝手であり、既存の宗教というものはたいがい大がかりなインチキであると思っております。

世界4大宗教といえどどんな小さな新興宗教団体であろうと、はじめた人は詐欺師かどこか頭のおかしい人なんだろうと思っております。

世界中の宗教家やそれを信じている人を侮辱しているつもりはまったくないのですが、いろいろな宗教につきものの荒唐無稽なお話を信じることはひねくれた私には無理ですし、何よりも神という存在の都合の良さが私に宗教を忌避させるのです。
何かを神の教え、ということは議論の余地をなくしてしまう気がします。
思考停止になり、分かり合えなくなってしまうと思うのです。

ちなみに、私は頭がおかしいということは悪いことではないと思っています(いいことだと言うつもりもないです。おかしさによります)ので、大真面目に宗教をやっている人を否定するつもりは毛頭ないです。

なんらかの宗教を信じているということは悪いことではないと思う(言うまでもないことですが極一部のカルト的なものや詐欺的なものを除けば)のです。
むしろ信じていない人より倫理観などの面において真面目であったり、博愛の心に満ちていたりと素晴らしい人格であることが多いとこれまでの経験からは感じています。

それぞれの宗教の教えを勉強したことは全くないので本当に素人のいい加減な知識でしか語れませんが、4大宗教を代表とするいろいろな教えに触れると、たくさんの人が信じているだけあっていいことを言っているなあと思うことがよくあります。

ただその時に、なぜこれは宗教でなくてはならないのか?と思います。
なぜそこに神が存在しなくてはならないのか?
神は唯一でなくてはならないのか(他の宗教を否定しなくてはならないのか)?
儒学のように学問ではなぜいけないのか?
哲学と何が違うのか?


えー、なぜこんなことを考え出したかと言いますと、この前私は従姉妹の結婚式へ行ってきたのです。
従姉妹のおうちは熱心にとある宗教を信仰しておりまして、相手の方もその宗教関係の人でした。

招待客はほぼその宗教関係の人たち(新郎の会社の人は電報だけで出席していないようでした)で、とりわけ目立ったのは新郎新婦の若い友人たちもその宗教関係の人だということでした。
子どものころからその宗教の中の習い事をしていたり、その関係の学校に行っていたり、大人になってからもその宗教の関係の青年団のようなものに属して活動していたり、その関係の仕事についたり。
彼らはとても楽しそうで、すごく仲間の結婚を喜んでいるようでした。

なんていうか、本当に私たち一家だけ(ではなかったかもしれませんが)がその宗教のことを何にも知らないのでは、という雰囲気でした。

でもそうやって彼らを見ていると、なんだかとてもいいものに見えました。
彼らはそれこそゆりかごから墓場までその宗教と共にあるのです。
親の言うことをきくのと同じようにその宗教の教えを守って(時には破って)行くのです。
そして自らが大人になったらまた若者たちを指導する立場にまわるのです。

あのコミュニティの中で生きていくのはとても居心地がよく、幸せそうだと思いました。
親から子へ、子から孫へと受け継がれて行くのだと思いました。

ただ、あそこからはみ出した時、大変なのではないかな、とは思いました。
そして私は、きっとはみ出すだろうな、とも。

でも、それでも、宗教を信じている人たちのことを、少しだけ身近に感じることができるようになった気がした結婚式でした。

結婚おめでとう!末永く、お幸せに☆

スポンサーサイト
  1. 2011/12/01(木) 17:37:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ひさびさ | ホーム | SAKANAQUARIUM2011 DocumentaLy at 千葉幕張メッセ 20111106>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/218-021ebdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/05/02(水) 14:01:08 |

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。