ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RUSH BALL 2012 at 泉大津フェニックス 20120902 その6

というわけでその6です。

私は明後日北海道に帰省するので、その前になんとしても書ききってしまいたいと思います。
今日と明日で終わらせるぞー!えいえいおー!

てか、10年ぶりに大学のサークルの方たちと会うんだけど、自分が太りすぎててもう嫌。
大学時代からずーっと仲良くしている友達はみんな美しいままなのになぜ私はこんなデブおばさんになってしまったのかしら…

でもまあいいんです。
毎日いろいろあっても楽しいからね!
楽しくて元気なのが一番です。愚痴終わり!

ではでは読まれる方は続きをぽちっとしてくださいませ~


えー、少し早めに次[Champagne]のメインステージにたどり着くと、なにやら本人たちがセッティングがてら演奏している模様です。
とりあえずその曲は知らないのですがふんふんと楽しみます。

セッティングが終わり、ほどなくして、ステージ上部の大画面に[Champagne]の文字。
大歓声で迎えられます。

- Set List -
SE.Burger Queen
M1. Waitress,Waitress!
M2. Rocknrolla!
M3. Cat2
M4. For Freedom
M5. city
M6. kids

1曲目は予習の時にお気に入りだった『Waitress,Waitress!』。
やっぱりかっこいい~~~!このたたみかける感じが好きです。
フジで言うと地平線を越えてとか(たぶんあんまり同意してくれる人はいないと思いますが)。
まだ来るのか!みたいな。

前にRUSHBALL2010に出た時はATMCステージで、その時のMCで「来年はメインステージに出ます!」と言ったんだけど2011年は出れなかった。今回出れて嬉しい。でも今度は夜に出たい(トリをやりたい?)。とのMCが印象的でした。
いいね、ハングリーな感じで実にいいと思います!

なんていうか、ほんと正統派にカッコいい感じで、もっともっと売れると思いました。
どんどんでっかくなってってくれ!!!


お次のATMCステージ、Czecho No Republicは行きたかったんです…あのおしゃれな感じが実際のステージではどうなるのか、非常に興味があったんですが、もう本当に、体力がなくてですね。
次のメイン、ドラゴンアッシュまで、座って待機です。


Dragon Ashを見るのは去年のロッキンぶりです。

でもあの時はメインステージの本当に後ろも後ろ、肉眼でメンバーなんかまったく見えないところで2曲くらいきいただけだったので、ちゃんと出番を見るのは初めてです。

- Set List -
M1. AMBITIOUS
M2. Bring It
M3. Run to the sun
M4. Walk with Dreams
M5. For divers area
M6. Rock Band feat.SATOSHI,KO-JI
M7. Fantasista

1曲目は予習した曲AMBITIOUS。
いやー、カッコいい。カッコいいですね、ドラゴンアッシュは。

始まる前はね、いろんなこと考えてたんです。
亡くなってしまったIKÜZÖNEさんのことだとか。
kenkenさんがサポートすることで、JESSEさんとのわだかまりは本当にないんだなあとか。
でもなんか、そんなこと全部吹き飛ばすような、さすがドラゴンアッシュ!というカッコいいステージでした。

ミュージシャンというのは作品やライブだけじゃなくて人間性や、生き様や、外見や、ファッションや、そんなものもひっくるめてオーディエンスに支持される存在だと思うんです。
でも私はあんまりミュージシャン本人までは手が回らないし、音楽のカッコよさと本人のカッコよさはそんなに関係ない方だと思います。

そんな、何も知らない私でもKJの生き様というのはカッコいいなあと思います。
あれだけ人気者になって、あれだけどん底な目にあって、それでもこうして顔を上げてカッコいい曲を作り続け、カッコいいライブをし続ける。
「RIZEとはいろいろあったけど、でもライバル同士これからも頑張って行く」みたいなことを言ってて(すごい記憶があいまいなのでもし違ってたらごめんなさい)、デカい男だ!KJ!!と思いました。

最後の『Fantasista』はなんかいろんなバンドの人が参加して、オーディエンスはもちろん、ステージ上も大盛り上がりでした。
私は飛び跳ねるところで、体力の限界を感じながらフラッフラになりながらテンポずれながら飛び跳ねていた記憶があります。ダサっ!
でも楽しかった、ありがとう、ドラゴンアッシュ!



次のATMCのQUATTROももちろん体力の限界でいけませんでした…。
ほんとに『Last Dance』に大ハマりして、結局CD借りてきてたりするんですが、なにしろ体力が…。
ブンブンとサカナを残しているこの状態で観には行けなかった…。
またどこかで観たいです、クアトロ。とにかく『Last Dance』最高だよ!


お次はメインでブンブンサテライツ!
というわけでまた明日!





スポンサーサイト
  1. 2012/09/12(水) 17:40:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<RUSH BALL 2012 at 泉大津フェニックス 20120902 その7 | ホーム | RUSH BALL 2012 at 泉大津フェニックス 20120902 その5>>

コメント

[Champagne]は友人の88信者が、今後に期待しているバンドです。
でも、個人的には、彼らと同世代のandropに売れてほしい!
でも、[Champagne]だとか、man withなんとかだとか、知らないうちにどんどん
大きくなってきていますよね。

Dragon Ashは、青春パンク全盛期を全力で駆け抜けたロックバンドというイメージが
あります。

なんか、凄くフェスを回ることの大変さを教えてもらっていますw
ロキノンのフェスとか、いつかは行ってみたいなぁ…と思っているので、体力と時間の問題
も考えながらいつかは沢山のバンドを見れるようにしたい…。
  1. 2012/09/13(木) 17:54:52 |
  2. URL |
  3. マッシロ閣下 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

[Champagne]は、いそうで実はあんまりいない(最近はどこか変化球があるバンドが多いので)売れそうな正統派ロックバンドって感じで、このまま売れていってほしいなあと思います。
こういうバンドがいないと、シーンが盛り上がらない。
andropはすごく現代日本的なバンドだなあと思います。
音楽偏差値が高くて、PVもいいし、ライブもとてもいいとの評判です。
私も見てみたいなあと思います。

全然違う両バンドですので、どちらも売れていってくれるのが一番いいなあと思います。


ドラゴンアッシュは、本当に一時代を築いたと言っても過言ではないほど強いインパクトでシーンに躍り出てきて、そういう方面にあまり興味のない私にとってもカッコいい存在でした。
それこそうちの親でも知ってるくらい、売れていたと思います。

でも自業自得(KJはリスペクトするあまりZEEBRAのラップスタイルをパクってしまった)とはいえ尊敬していたZEEBRAからの批判(キングギドラの公開処刑という曲で強烈に批判しています)によって、みんながKJをディスって、KJ=ワック(ダサい)とラップの世界ではなってしまった。
RIZEのJESSEもKJをディスる歌を歌っています。
一時KJの精神状態ははどん底だったんじゃないかと思うんですよね。

でもそれでも立ち続け、かっこいいステージをやりつづけ、そしてRIZEとも和解して。
かっこいいなあと思ったわけです。

ちなみにKJはディスられてもアンサーソングは出しませんでした。
ラップの世界ではそうやってディスる曲を歌い、ディスられた方がアンサーソングを出して、公開で喧嘩して仲直りするのがけっこう良くある話みたいなのですが、KJは相手を批判する歌でオーディエンスが盛り上がるさまを見たくないとのことで出さなかったらしいです。
優しい人なんだなあと思いました。
でもラップの世界から見たら腰抜けと言われてしまう。そしてそれも間違いではないのだと思います。
文化の違い、ですね。


あ、たぶん閣下さんがフェスをまわるときは私なんかよりずっとたくさん見れると思いますよ!
なにしろ体力が違いますからね~。
私は本当に体力ないので…。
RUSHBALLはほんとに値段的にも会場的にもタイムテーブル的にもすごく見やすくておすすめのフェスですよ!
目当ての出演者がいればぜひ…!




  1. 2012/09/18(火) 13:03:01 |
  2. URL |
  3. ごまおはぎ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/241-4e5889cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。