ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゼロコンマ、色とりどりの世界

タイトルは、先日活動休止したMASS OF THE FERMENTING DREGSの現時点での一番新しいアルバム(と言っても2010年8月の作品なので随分前ですが)の名前です。

私はめったに女性ミュージシャン(ボーカルが女性のもの)の曲を聴かないんですね。
理由は、じぶんでもうまく説明できないんですが。
(なんとなくわかっている気もしているんですが、うまく言葉にできないので、もうちょっと考えますね)

持っている女性ミュージシャンのCD、ちょっと考えた限りでは他には高校時代に買った中谷美紀くらい(スーパーカーとかモールルは男女混合なので除外で)しか思いつきません。
最近は全然ですが、前は坂本龍一プロデュースで音楽活動をしていたんですよね。
ドラマ「ケイゾク」の主題歌は、ドラマと共に大好きでした。

そんな私ですが、このアルバムはとても好きで、ヘビロテしております。
マスドレ自体は、どちらかといえば好き、くらいで、3年前くらいにライブで見た時もそこまでハマらなかったんですよね。

でもマスドレが「ひきずるビート」を出した時にPVを見て、めちゃくちゃいいな、とは思ってて。
その感じは、ブランキーが「ガソリンの揺れかた」を出した時とちょっと似ている気がします。
それまでもなんか素敵なバンドが素敵なことをしているのはわかってたけど、自分のところまでは届いてこないな、と思ってて、でもこの「ひきずるビート」がきて、私のところまできた!みたいに感じたんですね。





その変化っていうのは、誤解を恐れずに言えばキャッチーになった、と思ってるんですけど。
伝わりやすい、シンプルなキラーチューンだってことで、決して安易な曲だと言っているんではないですよ。
むしろ安易な曲じゃないのに伝わりやすくシンプルだから最高にカッコいいんです。
要するに、私のドツボだってことです。


このアルバムを聴いていると、思春期の頃の自分、というのが思い浮かびます。

まっすぐで、純粋で、つよかった頃。
潔癖で、思い込みが激しくて、世界を変えられると思っていたあの頃。
何も知らない、何でも知ってる、少女のころ。

そのままではいられないからこそキラキラ輝いている、一瞬の輝きを切り取ったかのような、そんなアルバムです。
聴いていると、なんだかとても愛おしくなります。

あ、でも2曲目の「まで。」だけはいただけません。
なんだかすごくマスドレらしくなくて、まるでチャットモンチーみたい(チャットが嫌いなのではなく、マスドレがそれをやる意味がない、ということ)です。
この曲だけ本当に浮いていて、なんなのかなあと思ったら、この曲って「ひきずるビート」と共に両A面メジャーデビューシングルなんですね。
なので、レコード会社の意向とかが入ってるせいでこんな曲調なのかな、と疑いたくなる感じです。

あ、今思い出しましたが、UAも持っていました、女性ミュージシャンのCD。
あとPhewとかマリマリとかICEとかもあったんだった。
しばらく聴いてないけれど、今また聴いたら何か違うかもしれないなあ。
ちょっと引っ張り出して、聴いてみようかしら。

スポンサーサイト
  1. 2012/10/17(水) 14:58:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CDをどこにしまったのかわからない。 | ホーム | 食欲の秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/251-ec1beb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。