ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

andymori 小山田君のこと

今日の午後、ツイッターをかけめぐっていたひとつのニュースがあります。

1日の午前11時頃、andymoriのボーカルギター小山田壮平君が渋谷のホテルのロビーで暴れて救急搬送されました。
現場には脱法ハーブが落ちており、小山田君も「ハーブを吸った」と言っているとのことです。

このニュースを聞いて私が最初に思ったのは、「あ、小山田君なら不思議ではないかな」ということでした。


私は小山田君のことはロクに知りません。
アルバムを二枚聴いて、ライブを3回見て、いくつかのインタビューやブログなんかも読んで。
そんなもんです。

そんなもんの私が言っていいことではないかもしれません。
でも、なんかもやもやして、書いてすっきりしたいので、書かせていただきますね。
もしもこの記事を見て不快に思った人がいたら、ごめんなさい。


小山田君の事件を受けて、ツイッターではさまざまな意見がつぶやかれていました。
「彼のやったことはダメなことだが彼の作る音楽が素晴らしいことはかわらない」「脱法ってことは違法じゃない」というような擁護する意見。「彼がやったことはみんなに迷惑をかけた。ダメなことはダメなことと言ってやらないといけない」というような、「本当に彼のためを思うなら安易に擁護してはいけない」という意見。一歩引いた、風営法によるクラブ規制が問題になっている中で薬物使用事件を起こした彼に憤る意見。

私は、小山田君の事件を受けて彼に対する否定の気持ちは微塵もわいてきませんでした。
それはもちろん彼の創る音楽が素晴らしいことを知っているからであり、才能あふれる彼が、どこか常人とは違う感性を持っている、と認識しているからでありますが、何よりもまず私が「知らない」ことが大きいのだと思います。

私は彼が何を思って脱法ハーブを使用したのか知りません。
私は彼の大事な人を知りません。彼の身近で彼を大事に思う人も知りません。
私にとって彼は一人のミュージシャンで、やっぱり私とは関係のない人なのです。


私自身は薬物は嫌いです。タバコもギャンブルも嫌いです。
いろいろ理由はありますが、自分の意思でやめられなくなりそうなもの、こわいもの、との認識なのだと思います。
特にタバコは小学生のときにヘビースモーカーだった両親が「タバコを止められないのはお前のせいだ」とお互いに責任を擦り付け合いながらケンカをしていたのを目撃したのがトラウマになっていて、絶対に吸わない、と決めて今まで吸ったことはありません。

そこから派生して、多分薬物も、アルコールも、ギャンブルも、依存性のあるものに対していい印象を持っていないのです。

要するに、私は薬物のことも「知らない」のです。
知らない人間が、批判するのはどうなのだろうというためらいもあります。

もちろん、脱法ハーブで様々な問題が起こっていることは知っています。
今朝もワイドショーのニュースでやっていましたが、脱法ハーブを使用して車を運転して事故を起こし犠牲者が出てしまったり、使用した人が死んでしまったり。
そういう事件が起こっているこの状況で小山田君が脱法ハーブを使用したということについては本当に悲しい気持ちになります。

けれど、ジミヘン、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、カート・コバーン、27歳で命を失っていった彼らだけでなく、ミュージシャンと薬物というのは古くから世界でも日本でも切っても切れない関係にあるように思います。

それを肯定するわけではけっしてないのです。
でも、事実として、それがある。そしてそのミュージシャンたちを、私は自分の尺度で責める気には到底なれないという話です。


私は、いつかの日比谷野音でandymoriのライブを見ました。
そこには、溢れるほどの才能を持った若者がいて、青い思想と危うい純粋さを携えて、歌っていました。

今年の2月には、横浜アリーナで彼らを見ました。
前ほどの才気走った印象はなく、もっと楽に、自然体に音楽をやっているかのように感じました。
彼らはこのまま、突出する方向ではなく、地に足をつけて音楽をやっていくのでは、と思っていました。



andymoriがどうなっていくのかはわかりません。
でも私は、小山田君が音楽を続けていってほしいなと思います。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/02(金) 00:16:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一夜明けて | ホーム | CDをどこにしまったのかわからない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/254-01ddf59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。