ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遅くなりましたversion21.1

なかなかブログ書けない日が続いてまいりましたが、ようやく実生活が一段落~。

というわけで、6月13日土曜日のversion21.1のことを書こうと思います。

フジファブリックはまた今度ね。いや、書きたくないわけじゃないんだけど、今はこっちが書きたい。

そんなわけで、行って参りました!
サカナクション、the telephones、OGRE YOU ASSHOLE&DJ前田博章出演のイベントversion21.1。

ちなみに読み方は「バージョントゥエンティーワンドットワン」というらしいですよ。
イベントの主旨は2010年代を担っていく新進気鋭の新世代バンドを集めちゃいましたよ!!って感じです。
一歩先のロックを聴かせてくれるってわけです。

土曜日は前にも書いたとおり、午前中は長男の授業参観があったもんで、それが終わってお昼ご飯作ってお米炊いただけで私は出掛けてしまいました。
晩御飯のおかずは旦那さんが作ってくれるというのです。いやー、いい旦那さんですね。

まあそんなわけであたしは下北にあるマジックスパイスというスープカレー屋で(自分だけ)カレーを食べ、それから新木場へ向かったのでした。

で、新木場着いたのは開場5分くらい前。
あたしの整理番号はB212番で、そんなに良くないから焦らずに人の波にのって会場のスタジオコーストに向かいます。
しっかしなんもないとこだわ、新木場って。


で、荷物預けて中に入ってみると、けっこう前が空いてる。
みんなこういうイベントだし後ろで様子見なのかなーと思ったけど、あたしはナタリーか何かでサカナクションがトップバッターだという記事を読んでいたので迷わず前に行って5列目くらい。
場所は向かって右側でいつもならもっちさんがわ。
でも今日はいつもと逆で岡崎さんと草刈さんが右にいました。なんでだろ。

しばらくDJの流す音楽とステージに下がってる薄い幕みたいなのに映る映像を楽しんでいると幕に「サカナクション」の文字が。
やっぱりトップだ~とテンションあがったんだけど、ここで後ろからドーッと人が押し寄せる。
やっぱり前で快適に見ようなんて甘いのよね。

一応うろ覚えセトリ。ミクシィでもおんなじだったから多分あってる。

1 AME(B)
2 ライトダンス
3 インナーワールド
4 サンプル
5 minnanouta
6 ナイトフィッシングイズグッド
7 ネイティブダンサー
8 セントレイ
9 アドベンチャー


この日は、ナイトフィッシングイズグッドがめちゃくちゃ良かった。

あたし、今まではナイトフィッシングって、ライブで聴いてもいいけど、他の曲がライブだとめちゃくちゃいいのに比べたらそんなでもないなあって思ってたんだけど、この日は違った。

ほんと、この曲で会場が一つになったよ。すごい、キました。

あとサンプルもよかった。
いつもいいけど、やっぱいい。めちゃくちゃいい。

あとminnanoutaはツアーの時はよく見えなかったから、一郎さんがみんなを指さしてくのが見えて嬉しかった~。

やっぱあたしはサカナライブが一番好きだ!!と再確認しました。


サカナの出番が終わって、またDJタイムだったんだけどあたしはフロアから出る。
喉乾いたんでドリンクを引き換えたかったんだけど、ものすごい並んでたんで諦めて汗だくになったからグッズ売り場でオフィシャルTを買って着替える。
とかやってたら二番手オウガが始まってしまいました。
慌てて戻って後ろに入り込みます。

セトリはミクシィから。あたしが知ってるのは2,3,6,8の4曲でした。

01.コインランドリー
02.フラッグ
03.しらない合図しらせる子
04.J.N
05.サカサマ
06.アドバンテージ
07.かたっぽ
08.ピンホール
09.ひとり乗り
10.ネクタイ

感想は…あたしは、予習の段階ではどうもオウガが好きになれなかったんですね。
歌い方と声が好きじゃないんだと思うんだけど。

でもね、ライブはやっぱいいね!
ドラムが胸に響くんですよ。
あの声も胸に残るんですよ。
現に全部終了後に、頭の中を回ってるたはオウガの曲だったからね!
ギターがけっこう印象的なフレーズを弾くことがあって、それがむっちゃ残りましたですよ!

MCも今日はうまくしゃべれたとご満悦でした。
「オウガは今レコーディング中」
「レコーディング中は大変だから6月にこのイベントは厳しかった」
「でも他の2バンドがオウガが出ないなら俺らも出ないって言った」
「どんだけ愛されてんの俺たち」
「今度やるときはほかのバンドがレコーディングの時にやろう」
みたいな感じかなあ。だいたいだけど。

オウガが終わったのであたしはドリンクを引き換えに行く。
ほんとは水が飲みたかったんだけど、レモネードに惹かれてレモネードにする。
んでもって即後悔。甘すぎだってばさ。


フロアに戻るとDJタイム。
クラブってこんな感じなのかなーと思うけど、ノッてる人は極少数。
みんなクラブのノリとか知らないみたいでした。
でもすごい踊りのうまいねーちゃんがノリノリで踊ってて、カッコ良かったっす。
あたしには絶対無理だわ。

というわけで三組目はthe telephones。

電話ズはですねえ、CD全部持ってるし前の方行ってもよかったんだけど、やっぱ歳を考えて後ろにいることにしました。

でもたぶん正解だったと思う。あの中ではあたしは快適に音楽聴くことは無理だったなー、きっと。
本編ラストのurban discoでは人が宙に舞って逆さまになってました。お前は八墓村か!!みたいな。

後ろの方でも十分ノリノリだったし、また電話ズ行くことがあっても後ろだな、うん。

セトリはやっぱりミクシィから拝借。後ろから見てもみーんなすっごい盛り上がってたです。

01.Love&DISCO
02.DaDaDa
03.RIOT!!!
04.Monkey Discooooooo
05.Beautiful Bitch
06.electric girl
07.Jabberwocky
08.fu~shit!!!
09.D.A.N.C.E to the telephones!!!
10.HABANERO
11.sick rocks
12.urban disco

en.
13.FREE THROW


噂には聞いてたけどめっちゃ楽しかったです。
Beautiful Bitchの「OK」「Oh,Yeah」の掛け合いのとことか、 urban discoの「I AM DISCO!」とか、もうね、もうね、楽しくないわけがないじゃない?
でもね、わかってるんだけど、楽しいんですよ。
新曲もすごい良かったし、あと、石毛さんのトークが、意外に熱くて、それがすごい良かった。

「俺らすっげえ音楽好きだし、頑張って音楽やってくから応援してください」みたいな感じだったと思うんだけど(時間経ってるせいでうろ覚え)サカナクションの一郎さんとおんなじこと言ってるなあって。
ほんと、同志なんだなあって。
あと「いい音楽聴きたかったら今日のDJの前田さんのクラブでやってるイベントとか、どんどん参加してください!クラブ怖くないよ!!」って言ってました。
クラブ怖そうだな~ってあたし思ってたから、うわ~、見抜かれてる~~と思ったり。

でもね、こういう、志持ってるミュージシャンがいて、あたしは本当にうれしいですよ。
サカナクションも、電話ズも、ほんと、カッコいいと思う。

自分だけ良けりゃいいんじゃなくて、シーンを変えていこうっていうその大きな夢が、本当に、本当に、カッコいいですよ。
応援していきますよ。

そうそう、電話ズのアンコールのあと、3バンドが出てきて、急遽お客さん写真とってもいいよ~と言うコーナーになりました。

なのでその時とった写真を載せようかな~と思ったけど、いい写真なかったのでやめときます。
なにせ遠すぎたよ…。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/18(木) 13:02:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フジファブリック Chronicle Tour Zepp Tokyo 2009,6,7~ファンだからいいけども~ | ホーム | 間空いた 君のその仕草に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomaohagi.blog81.fc2.com/tb.php/39-b91d4217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)
中国語 (1)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。