ごまおはぎの世界

まったり好きなものについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

andymori 小山田君のこと

去年の11月にも同じタイトルの記事を書きましたね。

私はあの事件の後、andymoriを直接見てはいないけれども、小山田君は安定を取り戻したのかなと思っていました。
そして5月に発表された解散、そしてニューアルバム。
忙しさにかまけて聴けていませんでしたが、アルバムの評判もよくて。
解散前のツアーも発表されて。
ラストライブの武道館公演も決まっていました。

そんな最中、ヤフーのトップニュースにこんな文字が。

“andymori小山田重傷 公演中止”


公式サイトに飛ぶとこんな文章が掲載されていました。



いつもandymoriを応援してくださっている皆様へ

皆様に大切なご報告がございます。

andymoriボーカル&ギターの小山田壮平が、7月4日(木)の午前9時頃、約4.5mの高さから河川に飛び降り、
救急医療センターに搬送されました。
搬送や処置が早かったことも幸いし、重傷ではありますが、命に別状はございません。
現在は集中治療室に移り、治療と検査を行っている状態です。
なお、飛び降りた原因については、まだ本人が詳細を説明できる状態にないため正確なことはわかりませんが、
精神面の不安定からくる突発的行動であると考えられます。

現時点での小山田の状態につきまして、担当医師からは
「多発外傷 (頭部外傷、頚胸推損傷、右外傷性血気胸、肺挫傷、右鎖骨骨折、右肩甲骨骨折、右助骨多発骨折、左手挫創など)」
という診断結果を受けています。
5日になって意識は戻りましたが、まだ会話をできる状態ではありません。
(こちらの問いかけに対して、頷いたり手を振ったり等の反応はあります。)
今後、集中治療室での治療および検査を終えた後、
完治までの治療とリハビリに数ヶ月から1年以上を要するであろうという所見が出ています。

この状況を受けてメンバーとスタッフで協議しました結果、
今後予定しておりましたツアー「ALL YOU NEED IS LOVE」全公演と9月24日の「andymori ラストライブ 武道館」公演を
中止、および、すべてのイベントライヴの出演をキャンセルせざるを得ない状況であると判断しました。
公演を楽しみに待っていてくださった多くのファンの皆様、すべての関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、
深くお詫び申し上げます。

皆様にご心配をおかけいたしますこと、大変申し訳ございません。
時間はかかりますが、完治・回復に向けて万全の体制で治療やリハビリを行っていくべく、
ご家族と協力しながらサポートしていこうと思っています。

なお、ツアーおよび武道館公演のチケットの払い戻し方法につきましては、後日改めてご案内差し上げますので、
お手持ちのチケットは大切に保管していただけますようお願い申し上げます。
各イベントに関しましては、主催者発表をお待ちください。

最後になりますが、今一度、ファンの皆様および関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、
重ね重ねお詫び申し上げます。




そんなにね、驚きとかはないんです。
小山田君だもの。
だけどね、踏みとどまってほしかったな。
たくさんの人が小山田君の歌を待っている。

それが、飛びたいっていう誘惑に抗って、足を踏みとどまらせる、そんな力になって欲しかったな。

生きていてよかった。
本当に良かった。

今小山田君はとても苦しいだろう。
その苦しみの中から、生きて行こうという気持ちが芽生えてくれるといい。
いつ死んでもいい、そんな風じゃなく。
一歩一歩、歩んでいく力になるような。

彼のうつくしい眼から見たらこの世界は汚いだろう。
クソみたいなことだらけだろう。
でも、それでも。
そればかりじゃない。そんなことわかっているだろうけど、そればかりじゃないんだ。

小山田君には、生きて、そしてできれば、また歌ってほしい。歌い続けてほしい。
そうしたらまた、うつくしいものがひとつ、この世界に生まれるんだ。

野音で聴いた、ビューティフルセレブリティー。
歪でうつくしい、あの曲を、思い出す。





  1. 2013/07/07(日) 11:00:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅井健一& Bad Teacher Kill Club『Pocky in Leatherboots Tour』 at 梅田クラブクアトロ 20130227

どうしようか迷ったのですが、今回も帰りの電車で殴り書いた支離滅裂な恥ずかしい思ったことの羅列を上げたいと思います。

なんか突っ込みどころしかない文章ですが、それでも読みたいと思ってくださる方は読んでみてください。

恥ずかしすぎるのでたたみますね。

続きを読む
  1. 2013/04/10(水) 18:44:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾に行ってきました。

3月31日から4月5日まで赴任する夫と一緒に台湾に行っていました。
主な目的は家を決めることとお世話になる学校に挨拶することです。

無事に家を決め、学校もいいところだなあという印象でした。

夫はそのまま赴任で私は5日夜に帰国。
子どもたちは石川の夫の実家に預けていたので、6日に車で迎えに行き7日に京都に戻ってくるというなかなかにハードなスケジュールでしたが何とか終わらせることができました!

明日から幼稚園も小学校も新学期です。

残り少ない日本での生活ですが、なんとか赴任準備、頑張っていきたいと思います。

まあできることはできるしできないことはできないので、なるようになると思って頑張ります。

あ、サカナ@台湾、ソールドアウトで追加公演になりましたね!
すごく嬉しいです!

無事にそちらのチケットもとれますように!

  1. 2013/04/07(日) 22:56:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サカナクション台湾公演

えー、昨日の朝、私の目に信じられないニュースが飛び込んできました。

サカナクション、台湾でバンド史上初海外ワンマン


以下、公式からコピペです。

SAKANAQUARIUM2013 sakanaction in Taiwan

日程:2013年06月15日(土)
時間:19:00OPEN→18:00OPEN / 20:00START→19:00START ※変更になりました。
会場:THE WALL 台北
チケット:前売り1600元
チケット発売日:3月25日(月)11:00 am ※台湾時間12:00 pm
チケット購入方法:http://tickets.books.com.tw
お問合わせ:ticket@thewall.com.tw (日本語可)
公式サイト:http://thewall.tw/

主催者:THE WALL MUSIC
お問合わせ:ticket@thewall.com.tw (日本語可)
公式サイト:http://thewall.tw/

※日本国内でのチケット販売はございませんのでご了承下さい。





>日程:2013年06月15日(土)

私が台湾に行く日、6月1日。
しかも土曜日。旦那は仕事休み。

……行ける……どうやっても行けるじゃないですか…………うわぁぁぁぁ、何のご褒美なんですか神様~~~~!!!



というわけでサカナツアーIN台湾に(チケット確保さえできれば)行けることになりました。

それを楽しみに、赴任準備、頑張ります!(そろそろ切羽詰ってきた)




  1. 2013/03/21(木) 09:05:42|
  2. サカナクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

sakanaction

昨日はサカナクションの6枚目のアルバム、sakanactionの発売日でしたね!

朝からめざましテレビにいいともにとサカナデーでファンはウハウハでございました。
いいともでは久々に一郎さんのビッグマウス(釣りに関しての)が聞けて、
「こ、このトークはやっぱり誰も突っ込まないの?突っ込んで!タモリさーん!」と内心叫んでいたとかいないとか。

そんなセルフタイトル『sakanaction』ですが、私はおとといフラゲして聴きました(爆音試聴会のUSTは子どもを寝かしつける時に一緒に寝てしまうという失態のために見れませんでした)。

もうね、なんていうんですかね。
内容のことは別として(内容ももちろん素晴らしいですよ!)、聴きながらなんだかものすごく幸せな気持ちになりました。

新譜を楽しみにしているミュージシャンがいて、そしてその新譜が発売されて、その新譜を聴く。
それだけで十分に幸せで、ぜいたくで、心が満たされるんだなと。

日々いろいろなことがあって、ホントに生きて元気にしているだけで奇跡なんだな、と思える現実があって。
そんな中でこうやって好きなミュージシャンの新譜が聴けるということは、奇跡の何倍もの奇跡なんだな、なんて、思ったりして。
そんなことはずっと前から知っていることで、改めて気づくようなことじゃないんだけれど、ついつい忘れがちになってしまう私は、しみじみと幸せをかみしめながら、今回のアルバム聴きました。

そんなsakanactionの私の思い込みしか詰まってないネタバレ感想文、一応たたみますので、読まれる方は続きをクリックしてくださいませ~





続きを読む
  1. 2013/03/14(木) 23:33:17|
  2. サカナクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
音楽 (88)
グルメ (6)
雑記 (68)
フジファブリック (30)
サカナクション (18)
HINTO (6)
P-MODEL関連 (1)
台湾 (0)
中国語 (1)

プロフィール

ごまおはぎ

Author:ごまおはぎ
6月より台北で生活している北海道出身者です。

年はサカナクションの一郎さんとおんなじです。
松坂世代とも言います。
同い年にあんなすごい人がいるんだから、がんばらなきゃーと思っています。

私生活忙しかったので5年くらい音楽聴かない期間を経て、2008年からまたライブ通いを始めました。

あまり詳しくないので、お薦めとか教えてくれると喜びます。


フジファブリックの志村さんが誰よりも愛しいミュージシャンです。
ずっと、聴き続けます。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。